事務所と養成所

子役タレントとしてデビューする前には、必ず教育が必要になるでしょう。いきなり小さな子供が芸能人として活躍するのは難しいからです。そこで小さな子供がタレントとしてデビューするための育成をしている機関には、どのようなところがあるのかをまずは知っておきましょう。大きく分けると2箇所存在しています。1つ目は子役のタレントを育てる養成所と言われているところです。

2つ目はプロダクションなのですが、プロダクションは簡単に言えば芸能事務所になります。そのため、養成をしてくれると共に、売り込みも同時に行ってくれるので、長い期間活躍できる可能性があるのですが、その反面必ず使ってくれるとは限りません。養成所というのは専門学校のようなところで、プロダクションよりも丁寧に長い時間教えてくれるというのが特徴です。

じっくりと学ぶのであれば養成所の方がよいのですが、養成所に行ったからと言って、必ずしも子役として活躍できるとは限りません。また、卒業後にオーディションを受ける、もしくはタレント事務所に所属することが必要になるので、どちらも一長一短があると言えるでしょう。よく検討してから選ぶべきなのですが、中には事務所に登録をしてからプロダクション専用の養成所に通うという子供も多くなっています。

オーディションに応募

子役タレントとしてデビューするためには、オーディションを受けて合格することが大切になります。もちろん年齢制限に引っかかっていなければ、他に決まりはありませんので、誰でも応募することが可能です。ただし、いきなり小さな子供がオーディションに出ても、合格するのはかなり難しいでしょう。では、オーディションに合格する人というのは、何を行っているのでしょうか。

もちろん親が有名な芸能人であったとしても、子供がしっかりと演技をしてくれなければ採用してもらうことはできませんので、大人になってからであれば親の七光りとしてテレビに出ることができるでしょうが、子役の場合は不可能です。そこで大半の人は、子役タレント養成所に通います。簡単に言えば専門学校のようなところなのですが、ここでしっかりとタレントとしての基礎を学習するのです。

ちなみにオーディションには大きく分けると2種類存在しています。それは一般的なドラマの出演者を決めるためのオーディションであり、もう1つはタレント事務所に登録するためのオーディションです。しかし、タレント事務所に登録したからと言って、必ず子役としてデビューできるとは限りません。演技力がなければ意味がないためです。反面、役のオーディションに合格をすればその時点で出演資格は得られますが、タレント養成所などで演技のレッスンを受けていないと相当に難しいと言えるでしょう。

参照リンク[http://www.theatre.co.jp/audition]
テアトルアカデミーは子役タレント養成所に入校する為のオーディションがあります。

子役タレント養成所

ドラマなどでは子役の存在も重要になるのですが、大人でもいきなりテレビで活躍するのは難しくなっています。子供であればなおさら難しいのですが、中には小さな子供であっても、ドラマなどで活躍しています。何でこのように活躍することができるのでしょうか。それは物心がついてきたころから子役タレント養成所のようなところで教育を受けているからです。教育というのは子供の将来を決めるほど大切なことであり、とても重要なことなのです。

しかも子供は大人に比べて遥かに物覚えがよくなっているので、教えればどんどん吸収していきます。しかし、近年は教師の不祥事や身勝手な行動が目立っており、特に戦後は教育レベルが著しく低下していると言えるでしょう。そんな中でも子供のためを考えて、しっかりと教育をしている教師もいるので、小さな子供であってもタレントとして活躍することができるのです。子供というと、何でもすぐ頭に浮かんだことを口にする、おとなしくできずに騒いでしまう、もしくは泣き出してしまうことが多いでしょう。

もちろん仕方がない部分もあるのですが、やはり親の教育力低下も影響しているのです。子役を見ていると分かるように、まだ小学校に入ったばかりであっても、見違えるぐらい言動や行動が異なっていることがわかるでしょう。これが教育の差なのですが、誰でも子役タレントとして活躍できる可能性を秘めているのです。当サイトでは子役タレントになる方法について、特に子役タレント養成所についての説明を行っています。