事務所と養成所

子役タレントとしてデビューする前には、必ず教育が必要になるでしょう。いきなり小さな子供が芸能人として活躍するのは難しいからです。そこで小さな子供がタレントとしてデビューするための育成をしている機関には、どのようなところがあるのかをまずは知っておきましょう。大きく分けると2箇所存在しています。1つ目は子役のタレントを育てる養成所と言われているところです。

2つ目はプロダクションなのですが、プロダクションは簡単に言えば芸能事務所になります。そのため、養成をしてくれると共に、売り込みも同時に行ってくれるので、長い期間活躍できる可能性があるのですが、その反面必ず使ってくれるとは限りません。養成所というのは専門学校のようなところで、プロダクションよりも丁寧に長い時間教えてくれるというのが特徴です。

じっくりと学ぶのであれば養成所の方がよいのですが、養成所に行ったからと言って、必ずしも子役として活躍できるとは限りません。また、卒業後にオーディションを受ける、もしくはタレント事務所に所属することが必要になるので、どちらも一長一短があると言えるでしょう。よく検討してから選ぶべきなのですが、中には事務所に登録をしてからプロダクション専用の養成所に通うという子供も多くなっています。