オーディションに応募

子役タレントとしてデビューするためには、オーディションを受けて合格することが大切になります。もちろん年齢制限に引っかかっていなければ、他に決まりはありませんので、誰でも応募することが可能です。ただし、いきなり小さな子供がオーディションに出ても、合格するのはかなり難しいでしょう。では、オーディションに合格する人というのは、何を行っているのでしょうか。

もちろん親が有名な芸能人であったとしても、子供がしっかりと演技をしてくれなければ採用してもらうことはできませんので、大人になってからであれば親の七光りとしてテレビに出ることができるでしょうが、子役の場合は不可能です。そこで大半の人は、子役タレント養成所に通います。簡単に言えば専門学校のようなところなのですが、ここでしっかりとタレントとしての基礎を学習するのです。

ちなみにオーディションには大きく分けると2種類存在しています。それは一般的なドラマの出演者を決めるためのオーディションであり、もう1つはタレント事務所に登録するためのオーディションです。しかし、タレント事務所に登録したからと言って、必ず子役としてデビューできるとは限りません。演技力がなければ意味がないためです。反面、役のオーディションに合格をすればその時点で出演資格は得られますが、タレント養成所などで演技のレッスンを受けていないと相当に難しいと言えるでしょう。

参照リンク[http://www.theatre.co.jp/audition]
テアトルアカデミーは子役タレント養成所に入校する為のオーディションがあります。